東京海上日動あんしん生命の個人年金保険

各保険会社によって、さまざまな特徴や魅力がある個人年金。東京海上日動あんしん生命の「個人年金保険」は、自由なプラン設計と返戻率の高さが魅力としてあげられています。

どのくらい自由度があるのか、また一般的な保険と比べてどれくらい返戻率が高いのか、持病がある人でも加入できるのか等について東京海上日動あんしん生命で加入することができる個人年金保険の内容について詳しくご説明します。

あんしん生命の個人年金保険の魅力は自由なプラン設計!

東京海上日動あんしん生命の個人年金保険では、契約から年金開始までの期間を11年以上35年以下、最高85歳までの範囲で自由に選択することができます。払い込み期間と年金開始年齢はそれぞれ1歳刻みで決めることができる自由度の高さも魅力のひとつ。また、実際に年金を受け取る期間においても、5年・10年・15年の中から選択することができますし、年金支払い期間の間に加入者が亡くなった場合でも支払った保険料は遺族へ返金されることになっています。

自由にプランを決められると言っても、何を基準に選べばよいのかと悩む人のために、毎月の保険料から、または受け取りたい年金額からプラン作成を行うことも可能です。クレジットカード払いが可能というのも嬉しいポイント。

あんしん生命の魅力は返戻率の高さにもアリ!

この個人年金保険は、払い込み期間中に5年ごとに配当がつきます。その配当も積み立てて行くことになり実際に老後に年金を受け取る際には、その分の金額も加算されるというわけです。

また、返戻率の高さが魅力のひとつと言われているあんしん生命の個人年金。例えば10年確定年金・年金開始年齢60歳・月額20,000円を支払うとした場合、20代男性の返戻率は128.1%、30代男性の返戻率は119.2%、40代男性の返戻率は11.2%となっています。一般的に保険では110%を越えれば返戻率が高いと言われる中、この数値はかなり高いものだということになります。また若い間に加入すればするほど返戻率は高くなりますが、同時にインフレリスクも高まりますので、必ずしも若い頃の加入が良いとは言い切れません。

持病がある人でも加入できるあんしん生命の個人年金

あんしん生命の個人年金保険は「無選択型」というタイプのため、加入時に健康状態の告知の必要がありません。職業は伝える必要がありますが、病歴や持病がある人でも加入することができますので、健康状態に不安のある人でもご安心を。ただし、病歴があっても加入できる保険のため高度障害状態などになった場合も保険料払込の免除制度はありません。最初の契約通りの個人年金を受給しようとする場合は、引き続き保険料の払い込みが必要です。

自由度と返戻率の高さから人気のあんしん生命の個人年金保険

東京海上日動あんしん生命の個人年金保険の人気の理由についておわかりいただけたでしょうか。あんしん生命の個人年金保険は、1歳刻みで決定できる払い込み期間や年金開始年齢や、返戻率の高さ、また病歴や持病がある人でも加入できる点など幅広い人のニーズに応えたプラン作成ができるようになっています。また簡易なものですが、HP上から基本年金額試算を行うこともできます。試算を行うことで、自分の支払い金額や年金受取額についても具体的なイメージが掴めるようになるのではないでしょうか。ぜひ一度お試しください。

関連記事
東京海上日動あんしん生命とはどんな会社?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする