【個人年金保険】の保険料の月額の目安は?

老後の生活に備えるための個人年金の必要性

老後の生活に備えて、個人年金に加入している方も少なくありません。国民年金や厚生年金だけでは、生活していく上で足りないこともあるでしょう。この場合、個人年金保険の契約を行なっておけば、経済面の負担も軽減されます。

しかし、受け取れる年金額を増やすには、それ相応の保険料を収めなければなりません。なるべく途中で解約することのないように、計画的に支払いを続けることが大切です。

平均的な個人年金保険の支払い月額はいくらくらい?

月額の支払いで換算すると、平均で1万6千円ほどの支払いになります。統計では年間で19万3千円が目安になります。つまり、一世帯当りの個人年金保険料は平均して年間で12万円以上から18万円以下とされているのです。

個人年金保険の返戻率は各保険会社によって異なりますが、多くの場合が110%となっています。

個人年金保険に早くから加入するとこんなに利点がある

前述した理由から、保険金の返戻率の110%で計算します。個人年金保険に30年間加入し、月額1万6千円を支払ったと課程します。この時、支払う保険料の総額は570万円を超えます。その場合、受け取れる年金の総額は、630万円を超すのです。

支払金額を月額2万5,253円以上掛ければ、受け取りの総額が1000万円を超えます。しかし、月額でこれだけ支払うのは厳しい場合は、無理なく調整しましょう。

受け取り金額の目標を1000万の大台に乗せたい人に

支払いの年数が20年の場合は、どうなるのでしょうか?月額で3万円掛けたとしていても、受け取りの総額では800万円にもなりません。20年間の支払いで1000万円にしたいのであれば、さらに8千円ほど必要です。

個人年金保険の受取金額は、月額だけでなく、支払った年数でも変動します。

保険料の支払いは老後の資金運用と同じと考えよう

保険料を支払うということは地道に資金運用をしているのと同じ状態です。支払い計画を立てる段階で、時間の要素を盛込んでおくことを忘れてはいけません。時間をかけてコツコツ支払いを続けることで、運用の効果が現われるでしょう。

若い頃から備えておくことで、月額の違いが大きな差額をもたらします。少し厳しいかもしれませんが、安定した老後のためにも働き盛りで貯蓄してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする