【個人年金保険】一時払いのほうがお得?円か外貨か支払い方法による違い

主に老後の生活費を目的として加入する個人年金保険。保険料の支払い方法には、大きく分けて2パターンあります。

ひとつは、毎月または毎年コツコツと保険料を積み立てて行く支払い方で契約時に決めた年齢、60歳や65歳から一定の期間または死亡するまで年金を受け取るという積み立て型個人年金保険。

そしてもうひとつは、退職金などのまとまったお金で一括で保険料を支払う一時払いです。5年、10年後に受け取るタイプが多いですが、数年で受け取ることのできる商品も存在します。

ここでは、この一時払い個人年金保険について円と外貨の支払い方法による違いや、貯蓄性のチェックの方法についてご説明します。

一時払い個人年金保険を円で支払う場合

一時払い個人年金保険には、保険料を円で支払う方法と外貨で支払う方法があります。最初に円で支払う方法、「円建て」から解説していきます。

円建て個人年金保険の中でも、

  • 通常月払いまたは年払いの保険料を一括で支払う一時払い個人年金保険
  • 一括で支払った保険料の運用利率は定期的に変わるけれど、契約時に決められた最低利率は下回ることがない個人年金保険
  • 保険料を契約者本人が選択した投資信託で運用することになる変額個人年金保険

など、細かく内容が分かれています。

市場価格調整タイプ

その他、市場価格調整タイプの個人年金保険もあります。市場価格調整とは、保険を途中で解約することになった場合、契約時の市場金利と解約時の市場金利との差によって、解約返戻金が増額したり減額したりするというものです。つまり一時払いで支払った保険金を、もし受け取り開始までに解約することになった場合、元本割れする可能性がありますので注意してください。また、この市場価格調整はMarket Value Adjustmentの頭文字をとってMVAとも呼ばれています。

一時払い個人年金保険を外貨で支払う場合

外貨で保険料を支払うことを「外貨建て」といいます。外貨建て個人年金は、米ドルやユーロといった日本円よりも金利の高い外貨で運用を行うタイプで、月払いや年払いで行う保険料を外貨で一時払いとして支払う個人年金保険と、円建てと同じく市場価格調整を含む個人年金保険があります。

どちらも年金受け取り時の金額は契約時に決められていますが、為替変動により利益を得ることができる場合もありますし、元本割れする可能性もあります。また、外貨から日本円に両替する際にも手数料が必要です。外貨建ての場合は、為替の変動というリスクがあるという点や契約時よりも受け取り時の方が円高になった場合、元本割れすることになるという点にも注意してください。

一時払い個人年金保険は貯蓄性も大事

個人年金保険の一時払いは、定期預金と少し似ている部分もあり、加入する保険を選択する前に貯蓄性についても考える必要があります。

チェックポイント 返戻率

貯蓄としてどうなのか、その数値を示すひとつの目安が返戻率です。返戻率を出すために「年金原資÷払い込み保険料総額×100」の計算式にあてはめてみましょう。

年金原資とは、保険によって様々ないい方がありますが実際に年金として受け取ることのできる金額です。例えば年金原資が200万円、払い込み保険料の総額が180万円だった場合、200万÷180万×100となり、返戻率は約111%となります。加入を考えている保険のそれぞれの返戻率を計算して比較することでひとつの目安にしてください。

ただし、変額個人年金保険の場合は、変動がありますので返戻率は計算できません。外貨建ての場合についても、為替の変動はありますが、一般的には加入時と同じ条件として計算を行います。

同じ一時払い個人年金保険でも支払い方法は様々

長期間お金を預けることになる一時払い個人年金保険。貯蓄としてどうなのか、返戻率の計算は一時払い個人年金保険にとってとても重要です。ただし返戻率が高かったとしても、円建て・外貨建てどちらとも途中で解約してしまうと元本割れする可能性が高くなりますので、解約は避けましょう。

また、変額個人年金保険では投資に関するリスク、外貨建ての場合は為替の変動によるリスクがあり、結果的に元本割れすることもあります。ただし、成功した場合は利益をあげることもできますので、投資としてチャレンジしたい方にはおすすめです。

どちらも現在の資産や、自分が求める老後の年金額、受け取り方法と比較した上で、商品を選択してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする