【個人年金保険】持病がある人でも加入できる保険ともいえる個人年金保険

一般的な生命保険は、基本的に以下のような場合には加入することができません。

  • 持病がある人や健康状態に不安がある人
  • 入院中の人

加入可能な保険もありますが、その場合は掛け金が割高になっていたり、期間が決められていたりと健康体である人とは違った条件での加入になっています。それでは個人年金保険はどうなのでしょうか。ここでは持病がある人の個人年金保険加入について詳しくご説明します。

持病がある人が一般的な生命保険に加入できない理由

一般的な生命保険商品では、申し込み時に必ず健康状態の告知をする必要があります。その内容とは

  • 最近3ヶ月以内の診察や検査、治療、投薬の有無
  • 過去5年以内の手術や7日以上の入院の有無
  • 過去2年以内の健康診断や人間ドックでの指摘の有無
  • 身体の障害等

といったものがメインです。そして回答によっては病名や過去の病歴について詳しく説明することになり、その病名や手術内容によっては生命保険への加入を断られてしまうことがあります。

持病のある人が生命保険加入を断られる理由

なんとなく理不尽な気もしますが、これにはれっきとした理由があります。なぜなら持病がある人と健康な人では、一定期間内に入院する確率や死亡する確率も違うためです。保険会社としてもリスクは出来るだけ避けたいと考えますし、加入者としても同じ保険料では不公平だと感じてしまうからというわけです。

個人年金保険は持病がある人でも加入できる?

それでは個人年金保険はどうでしょうか?

個人年金保険は「保険」という名前がついていますが、貯蓄の意味合いがとても強い商品です。職業を記入する欄はありますが、一部の個人年金保険を除いて基本的に健康告知の必要はありません

仮に健康告知が必要なものでも、とても簡単な質問のみということも多く個人年金保険は持病がある人でも加入することができます。そんな持病の有無を問わない保険ですが、個人年金保険に医療特約などの特約をつけたいという場合には、その特約の内容によって健康状態の告知が必要になることがあります。

持病がある人こそ個人年金保険への加入を

持病のある人や入院暦、手術経験がある人はなかなか加入できない一般的な生命保険。個人年金保険では、払い込み期間中に加入者が亡くなった場合でも掛け金も戻ってきますし、年金受け取り設定期間内に加入者が亡くなったとしても最初に定めた期間は遺族に年金がきちんと支払われることになっています。持病があるからと一般の生命保険への加入を諦めていた人は配偶者や家族のために個人年金保険に加入するという方法もひとつの選択肢として考えてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする