【個人年金保険】積立保険種類別のメリットとデメリット

投資性が高い保険ではなく、貯蓄性が高い保険の総称である積立保険。保険金を毎月積み立てて行くタイプの積立保険は、手元にまとまった資金がなくても毎月、または毎年コツコツと積み立てて行くことができるため手軽に始めやすいというメリットがあります。

また同じ積立金額でも加入する保険の種類によって、年金の受け取り金額も異なってきますので、老後のライフプランに合わせて選ぶことができます。ここでは積立保険の種類による違いについてご説明していきます。

積立保険にはどんな種類があるのか?

変額個人年金や外貨建て個人年金など一時払いを基本とする年金保険もありますが、多くの個人年金保険は積立保険タイプです。

年金の受け取り期間を基準とする場合

  • 仮に契約者が亡くなった場合でも契約時に決めた5年または10年の間年金が支給される「確定年金」
  • 契約者が決めた期間内に亡くなった場合、年金支給が停止する「有期年金」
  • 契約者が生存している限り年金を受け取ることができる「終身年金」

の3パターンがあり、他にもボーナスのように一括で受け取ることも可能です。

積立保険それぞれの返戻率の違いとメリットについて

仮に毎月同じ1万円を積み立てた場合、同じ1年間で受け取ることができる年金額は、多い順に「有期年金」>「確定年金」>「終身年金」となります。

有期年金

メリットは一番返戻率が高く、保険料を安く抑えることができますが、契約時に決めた期間内、生存している場合のみ年金が支給される仕組みです。そのためデメリットとしては契約者が亡くなった場合には遺族へ年金の支給がありません。公的年金支給までのつなぎ感覚で選択してください。

確定年金

確定年金のメリットは生きていても死亡していても一定期間は年金が支払われます。老後の生活費兼残された家族の生活費のために等、利用方法をイメージして選択することがおすすめです。

デメリット

終身年金

また終身年金は生存している限り、年金を受け取ることができますので長生きすればするほど得になりますが逆に受け取り直後に死亡してしまうと損ということになってしまいます。

現在では、「保証期間付終身年金」も発売されており、その場合一定期間内に死亡した場合遺族に年金が支払われることになりますが保険料は一番割高になっています。また、一括で年金を受け取る場合は、通常の受け取り方よりも合計金額は安くなります。また一定条件を満たすことで個人年金保険料控除が利用できるなど通常の貯蓄にはないメリットもあります。

関連の記事はこちら
【個人年金保険】積立利率変動型個人年金保険の中身と、他の保険との違いとは

積立保険の最大のデメリットは解約時!

コツコツと積み立てて行く積立保険は、貯蓄性が高いという点をお伝えしましたが貯蓄にはないデメリットも存在します。通常の定期預貯金であれば解約時に手数料が引かれることはありませんが、積立保険の場合途中解約してしまうと元本割れを起こす可能性が高いです。

積立保険には死亡給付金というものがついていますので、仮に保険金支払い途中に亡くなった場合、払い込んだ保険料総額分が遺族に支払われることになっています。死亡の場合はほぼ保険料総額分を受け取ることができますが、解約の場合は解約返戻金という名目での返金となります。

この解約返戻金は、死亡給付金を上回ることがない設定になっており、一時払いで保険料を支払った場合に比べても積立保険の場合はこの解約返戻金は最初低く、払い込み終了時には高くなっていく仕組みになっていますので注意が必要です。解約返戻金は保険証書に記載されていますので、ご確認ください。

違いを理解した上で、積立保険の選択を

平成25年に生命保険文化センターが行った調査によると老後の最低生活費は平均22万円。ゆとりある老後の生活費となると平均35.4万円という数値があります。

国民年金、厚生年金問わず公的年金だけではゆとりある老後は厳しい現状、積立保険を利用し老後の生活費をコツコツと溜めていくのもひとつの方法ではないでしょうか。積立保険にも様々な種類があり、内容によって受け取る金額にも違いが出てきます。ライフプランに合わせた個人年金への加入をおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする